「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

一般社団法人BLOOM 岡崎市緑丘民間学童クラブロータス 森のようちえんサマーブルー 森のがっこう おかざきプレーパークなどの活動日記。29歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

「学校に行かないで本当にいいの?」と心配されている方へ【学童クラブロータス】

日中は学校以外の選択肢「セカンドスクール」夕方からは放課後児童クラブ岡崎市 緑丘 民間学童クラブ ロータス代表の今井真央です。

 

連休が明け、「やっぱり学校って楽しい!」と思える子には関係の無い話です。「やっぱり学校行きたくない!」っていう子がいるご家庭にはとても大切なお話です。

 

お母さん達も毎朝「行かせるか、休ませるか」と頭を悩ませ、子ども本人もそれに対して辛い思いをするのは非常に勿体ない。何故なら「学校行けないなら無理して行かせることないよ」と国が法律で定めているからです。

 

それが「教育機会確保法」です


f:id:leftkanabun0314:20190509121656j:image

教育機会確保法.pdf - Google ドライブ

要点だけご説明すると

  1. 学校に行きたくない時は無理せず休んでいいよ!
  2. 無理して戻らなくても、家庭で勉強したり、フリースクールに通えばいいよ!
  3. 学校側もちゃんと困ってる家庭に情報提供してみんなで子ども達守ろうね!

っていう話です。

 

本当は「休んでいい」ではなく「色んな学び場を選んでいいよ」の方が僕の理想のビジョンに近いんですが、社会的にはまだそれが難しいようです。でもこの日本でこんな素晴らしい法律が出来たのは紛れもなく、大きな一歩前進です!

 

でも問題は教育機会確保法がまだまだ多くの親御さん達に知られていないこと。

 

だからもし知らないで子どもに「あんた学校行かないと駄目じゃないか!」と言っている人がいたら情報をシェアして欲しいんです。特におじいちゃんおばあちゃんは世代的に「なんだ学校行かないで家にいるなんて!」ってなりかねない。そしてそのたった一言で子どもはとても深く傷ついてしまうんです。僕はそんな話を嫌というほど聞いてきました。

 

大人も子どもも、しんどい時は遠慮せず休む!そして「我慢・忍耐が美徳」ではなく、もっとイキイキと楽しめる場所に身を置く。

 

人生は一度です。

子どもは育ちの場所を自ら選ぶことが出来ません。だからこそ大人の私達が気持ちに寄り添って一緒に考えましょう。まずはそれからです。

 

 

岡崎市 緑丘 民間学童クラブ ロータス
岡崎市緑丘小学校すぐ!
学校以外の選択肢として8:00~15:00までセカンドスクールも開校します!

一般社団法人BLOOM
お問い合わせはこちらまで↓
bloom0927@outlook.com