「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

「自立ってなに?」~ある親御さんの疑問~

仕事柄色んな親御さんの悩みやご相談を聞いております。

 

その中でも今回のテーマは「自立について」


f:id:leftkanabun0314:20210730073714j:image

ある親御さんからご相談頂いたのですが、他の親御さんにとっても大事な話だと思いましたので、ご本人の了解をとって書かせて頂いております。

 

小学6年生の男の子。

感覚過敏があり、靴下や服も素材が肌に合わないと着たくない。リュックも蒸れるから手提げで登校している子がいます。

そんな子も次は中学生です。

お母さんが公立中学の先生に事情を説明したところ、こう言われたそうです。

 

「本人に合わせるのも大切ですが、お子さんの“自立”のためにも環境に合わせることを覚えていかないと…」

 

そこでそのお母さんは疑問に思ったそうです。

 

自立という言葉は「独りで立つ」ということです。自立と“環境に合わせること”とは関係のないように思ったそうです。

 

 

きっとこの場合、先生が言おうとしたことは「制服も着れないようじゃ社会に出ても通用しないよ」ってことだと思います。(少し乱暴な言い方ですが)

 

確かに規律を守るために制服や規則をある程度は従う必要があるとは思います。ただその子が不快に思ったり、その規則のせいで「行きたくない」と思ってしまうようなら規則を見直したり、合理的な配慮をする必要があると思います。

 

それに規則に従うことと、自立は違います。

 

じゃあ“自立”って何でしょうか?

辞書の通り、「誰にも頼らず、独り立ちすること」なのでしょうか?

 

 
でも、社会に出て本当に誰にも頼らず生きていける人っているんでしょうか?

 

 

現実ではみんな苦手分野と得意な領域があり、それを互いに補い合って生きています。それこそが互いの違いを認め合い、多様性を分かち合うことだと思うんです。

 

我が子が大人になったとき、辛くても、本当はしんどくでも「誰にも頼らず生きていく」と自立するくらいなら。僕は「しんどいから助けて」と、誰かに頼って欲しいと思います。

 

そう考えると子どもって既に出来てますよね。「アレとって~」「お着替えさせて~」と小さい頃からちゃんと誰かに頼っているんです。

 

「そんなことくらい独りで出来るようにしなさい!」

「そんなんじゃ社会出て苦労するわよ!」

 

そう言われ続けて、しんどくでも言えない子が増えていくんです。

 

迷惑かけちゃうから…

きっと心配させちゃうから…

 

と悩みを内々に隠してしまうんです。

 

そうならないためにも、「自立」って言葉を盾に子どもに要求するのはもうやめませんか?

 

嫌なら嫌でいいじゃん

気持ち悪いなら制服じゃなくていいじゃん

 

 

 

 

 

「あなたはあなたのままでいい」

やっぱり僕はこの言葉を、ずっと子ども達にかけ続けていきたいと思います。

7月親子キャンプ【おかざき森のようちえん】



月一回親子で自然の中で保育をする「おかざき森のようちえん」をしています、今井です。今回は親子キャンプ、初めてキャンプデビューする方もおりドキドキなスタートでした✨

 


f:id:leftkanabun0314:20210726064257j:image

気付いたら岡崎市で森のようちえんをスタートしてから3年が経ち、園児達も今や小学生になりました。薪を置いておけば勝手に準備して薪割りしてくれ火を起こしてくれるほど逞しくなりました(^_^)


f:id:leftkanabun0314:20210726064727j:image

f:id:leftkanabun0314:20210726064521j:image

邪魔するのが生き甲斐だったやんちゃな我が子も、他のお母さんに教わりながら調理をしていました( T∀T)

なんだか感慨深くて涙腺がウルウルしてきます…


f:id:leftkanabun0314:20210726064819j:image

前回はカレーだったので今回は豚汁と親子丼。ちょっと米は失敗しちゃったけど皆モリモリ食べておりました✨


f:id:leftkanabun0314:20210726064913j:image
食後にはスイカ割り
f:id:leftkanabun0314:20210726064707j:image

夜はプチキャンプファイヤーと花火をして、親子共々夏を満喫しました✨

 


f:id:leftkanabun0314:20210726065049j:image

 

翌日は額田林業組合の方々が間伐体験をさせて頂きました。みんなで協力してノコギリで木を切り「バキバキ!!」と大きな音を立てて倒れていく姿は大人の私達でも貴重な経験になりました。

 

コロナ渦で園でのイベントや学校行事が軒並み中止になり、子ども達も見えないストレスが溜まっていたと思います。だいぶ盛り沢山な二日間でしたが、終わった後の子ども達の笑顔を見たら疲れもふっ飛びました。

 

これからも親子一緒で色んな体験や、自然の大切さを学んでいこうと思います。いつも参加してくれる方々、やまびこの会や林業組合の皆様本当にありがとうございました!\(^^)/

 

 

7月17日(土)スコシズツマーケットで竹工作のブース出店します!【おかざきプレーパーク】

【7月17日(土)おかざきプレーパークの仲間達と竹細工体験のブース出店します!】


f:id:leftkanabun0314:20210713133857j:image

🌳「スコシズツ.マーケット」🌳
https://fb.me/e/1mWxszn4k

「できることから少しずつ持続可能な暮らしかた」
がコンセプトのイベント。
岡崎の真ん中から、持続可能な暮らしを目指しています。


f:id:leftkanabun0314:20210713134315j:image

「おかざきプレーパーク」も出店して竹工作をします。竹工作ではマイ箸、マイ食器を作ることができます!

今回、イベントでは、マイ食器持参で飲食でのプラスチックフリーにチャレンジしています。竹の特性を活かして色んな食器作りに挑戦していきましょう!!\(^^)/

f:id:leftkanabun0314:20210713134320j:image

----〈 key words 〉----
持続可能な社会をつくる
地球環境を大切にする
永く使える
作り手の想いが伝わる
地域の魅力を伝える
地産地消
------------------------

〈 key words 〉を実践するみなさんが35店以上集まり、それぞれの視点から「暮らしかたの提案」や「想いの表現」をします。

★Go Zero Waste
マイバッグ ・マイ食器・マイボトル・量り売りのための容器などをご持参ください。
できることから少しずつ、みんなで一緒にチャレンジ!

★Story Sharing
サステナブル・水・山・食・エネルギー
各分野で活躍する仲間たちの想いに触れる座談会『話す場』

★Live on Instagram
インスタライブで会場の様子を生配信します。
タイムテーブルを要チェック!

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/461965884906622

ーーーーーーーー『スコシズツ.プロジェクト』ーーーーーー

日々の暮らしからSDGsの実践を目指す『スコシズツ.プロジェクト』
その一環であるマーケットは、単に「モノを売る場」ではなく「作り手の発表の場」「モノやコトが価値を持っていきわたる場」です。
環境に配慮した暮らしづくりの提案と、環境や社会の問題について知る・動くきっかけとなる場づくりをマーケット全体で目指します。
Facebook

岡崎市「市政だより」に掲載されました!

前回久しぶりの愚痴ブログにご心配おかけして申し訳ありませんでした(^o^;)

毎日元気に活動をしておりますので、ご安心下さいませ。

 

 

さて

この度、岡崎市の「市政だより」に掲載して頂きました!
f:id:leftkanabun0314:20210628171651j:image

岡崎市役所さんから連絡を頂いたときに「いよいよか…」と背筋が伸びた思いをしました。僕自身、毎回この「わたしの物語」シリーズが大好きで楽しみに拝見させて頂いておりました。これまで岡崎市で活躍する人達の物語を読む度に「よし!俺も頑張ろう!」と励ましてもらっている立場でした。

 

“今度は僕が誰かの背中を押す番なのかもしれない”

 

大変おこがましいかもしれませんが、そう思いながら有難く取材を受けさせて頂きました。実際の僕の活動は本当に地味なものです。毎日トイレ掃除や畑の草刈り、男子達との蛇探しや昆虫探し…とてもじゃありませんが岡崎市中に見て頂くほどのものではありません。

 

でも

 

“想い”があってやっています。

そこに子ども達の笑顔があるから面倒なことだって、辛いことだって毎日やっていけるんです。たとえ小さくても、その確かな想いを気にとめて下さり、取材に来て下さった方々には本当に感謝の思いで一杯です。そして支えて下さっている仲間達、保護者の方々、子ども達が居てくれるおかげで今の僕がいます。皆さん、本当にありがとうございます。

 

必要としている方がこの記事を読んで下さり、誰かの背中を少しでも押すことが出来たら嬉しいです(^_^)

 

 

こんな僕ですがこれからもよろしくお願いします。

参加無き忠告は有難迷惑でしかない

「もっと◯◯してみたら?」

「こういう◯◯も取り入れてみたら?」

 

教育関係やってると「よかれ」と思って色んな方々が忠告やアドバイスをしてくれます。その内容自体は的を得ていたり、中には本当に取り入れた方がいいものもあります。

 

ただね、これだけは言わせて欲しい。

 

欲してない「よかれ」は犬も食わんよ、と


f:id:leftkanabun0314:20210609002008j:image

僕の中で線引きしているところがあって

それはそのアドバイスや忠告をしてくれる人が「プレイヤー」であること。自ら社会の常識と闘い、バッシング覚悟で発信を続け挑戦し続けている人の話だったら素直に耳を傾けます。もしくは僕の活動に実際に来て下さってるお客さん達や金銭問わず一緒に働いてくれる仲間達。ちゃんと“参加”してくださる人であること。これらの方々の話は真摯に受け止め改善していきます。

 

ただ僕がSNSで 発信している活動だけが全てだと思い込み、前述したような欲してない「よかれ」アドバイスはさらりと受け流します。

 

こういうことを書くと

「せっかくの良くなるチャンスを自ら潰して!」みたいなこと言ってくる人がいます。

 

でもその人はきっと自分は“安全圏”にいる人だと思います。大きな勝負には出ない、自ら発信もしない、でも人の活動には色々言いたいってのはただの「有難迷惑」です。

 

これは子育てにも同じことが言えると思います。

 

子どもが必要としてないものを「よかれ」と思って上から目線で押し付ける。そんな有難迷惑なことはないです。本当に尊敬できる人は多くを語りません。それは行動や背中でモノを言うからです。そういう人の話や忠告だったらお金払ってでも聞きたいと思います。

 

 

SNS やっていると色んなこと言う人がいます。どうかプレイヤーの皆さんは流されないでください。

 

そして「よかれ」アドバイスをして下さる方々、言うのであれば背中で見せて下さい。

 

参加無き忠告は有難迷惑ってことで一つよろしくお願いします。