「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

一般社団法人BLOOM 岡崎市緑丘民間学童クラブロータス 森のようちえんサマーブルー 森のがっこう おかざきプレーパークなどの活動日記。29歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

今までの話とこれからの話。

しばらくブログをお休みさせて頂きました。

毎日読んで下さっていた方には申し訳ありませんが、気持ちの整理が出来ず自分の言葉で書くことが出来ませんでした。

 

まずはこれまでの経緯をお話させて頂きます。

 

僕の夢は「学校を創ること」

教育者でもない素人の僕が、そんな大それた夢を叶えるのには途方もなく大きな壁がありました。

いきなり単独でフリースクールを始めるのは難しいと判断し、放課後児童クラブと併設した事業を考えました。市役所の方とも相談し、岡崎市でも待機児童が多い緑丘学区にて学童クラブを2019年4月にスタートしました。

 

仲間や場所に恵まれて、夏休み等の長期休みには満員御礼となる場面もありました。しかし平日通所での利用者が見込めず、来年度補助金交付が貰えない事態となってしまいました。学校前でビラを配ったり、説明会等をしても殆ど効果はありませんでした。市の補助金がなければ運営すること事態、非常に難しいのが民間学童クラブの現実です。

 

そんな中、東海若手起業塾では「本当は何がしたいのか?」と問い続けられました。僕自身2つの事業を一度にやっていることで、どっちつかずの状態になっていることに気付かされました。

 

一方で、セカンドスクールは毎月1人ずつですが増え続けていました。現在でも親御さん達の口コミのおかげで、問い合わせや見学も少しずつ増えています。毎日一緒に過ごす子ども達が目に見えて成長していく姿を間近にし、本来自分がやりたかった「学校創り」の想いがより一層強くなっていきました。

 

そして出席日数など制度的な要因で困っている子や親御さんのために、学校や教育委員会の方に飛び込みで色々と訴えておりました。僕は根回しみたいなのが苦手で、つい思ったままの言葉でストレートにお話をしてしまいました。

 

今まで教育の現場を支えてきたベテランの方々に、ポッと出の僕があれこれ言ってしまったんです。

 

今考えれば、非常に失礼なことだったと思います。ブログの書き方1つにしても、僕は「こうなるべき!」と熱心に書いていたつもりが、その道の方々から見たらとても受け入れられるような内容ではなかったように思えます。

 

 

想いだけで突っ走ってしまった僕は、気付いたら色んな方々に迷惑をかけてしまっていました。人間関係もそうですが経営者としての実力不足もあり、あっという間に法人としても窮地に立ちました。個人的に貯めていた資金や退職金も底をつき、来月の生活も儘ならない。とうとうこれ以上家族にも迷惑をかけられないところまできてしまったんです。

 

この状態で、補助金を貰えない学童クラブを来年度も続けることは無理だと判断しました。3月末日をもって、学童クラブロータス及び一般社団法人BLOOM は廃業することを決意しました。それは学童クラブに関わってくれた子ども達や、親御さんのことを思うと非常に苦しい決断でした。今でも申し訳ない気持ちで一杯です。謝って済む問題ではありませんが、全ては僕の力不足です。

 

そんな状態でも、今通っている子ども達のためにセカンドスクールだけはなんとしても残したいと考えていました。

 

そこで以前よりお世話になっているNPO 法人ルリアンさんに相談したところ、理事長の名和さんのご厚意でセカンドスクールをルリアンの事業として継続させて頂けることになりました。ルリアンの契約社員としてお世話になりながら、セカンドスクールが今まで通り続けられる。正に九死に一生を得た気持ちでした。ルリアンさんには直ぐには難しいかもしれませんが、必ず恩返ししていくつもりです。

 

よって4月以降セカンドスクールは場所を移転し、NPO 法人ルリアンの事業として運営することになりました。

 

今回のことで、沢山の方々にご迷惑やご心配をおかけ致しました。この結果を真摯に受け止め、同じ轍を踏まないようこれからも学び続けていきたいと思います。至らない点ばかりの私ですが、今後ともご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます。