「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

学童クラブに込めた想い

学童クラブ ロータス

学童クラブを4月からスタートするまでに沢山の葛藤がありました。

僕のブログをずっと読んで下さってる方なら既にお気づきかと思いますが、ぐにゃぐにゃと紆余曲折を経て、現在に至っています。


f:id:leftkanabun0314:20190204211934j:image

そもそも去年、僕は森のようちえんみたいな企業主導型保育園を創りたい!と思っていました。各地でプレゼンして、一緒に立ち上げてくれる企業を探しました。しかし何社当たっても、結局相手のニーズが無いと土俵にすら立てないことを知り、一時中断しました。(諦めたワケではないです)

そしてQURUWA のサウンドマーケティングに参加し、トランポリンカフェを創りたい!って思いました。実際に色んな方と打ち合わせした挙げ句、「環境教育拠点×子育てよろず相談カフェ」という新しい事業に行きつきました。この案を岡崎市役所でプレゼンしてきました。結果は3月にならないとわかりません。

さらに4月から小豆坂の森で新しく親子参加型イベントを企画しています。参加者×指導者ではなく、親子一緒になって1つの目標に向かって創りあげていくカタチです。詳細はもうしばらくお待ち下さい。

 

そして学童です。

普通にテナントを借りて開始するにはあまりにも収益が見込めないため、空き家を借りれないか練り歩くところからスタートしました。今までのボランティアとは違い、数字やお金のこと、無い頭を振り絞って考えました。歩いて、悩んで、相談して…何度も振り出しに戻って

そうしているうちにご縁を頂き、ようやく初めてカタチになろうとしています。

 

 

だからその道の方達から見たら

「結局何がしたいんだよ!」

「色んなことに手を出したら絶対失敗するよ!」と思われる方もいると思います。

 

でも僕の目指す場所は最初から変わっていません。

 

「日本の教育に選択肢を増やす」

それだけです。

 

だからこそ1つに縛らず、あれもこれもやってみたい。別に選択肢が1つじゃなきゃいけないなんて決まりはどこにもありません。よく「目標決めて逆算しろ」なんてセミナーとかで言われてますが、人生なんて不確かなモノを逆算して考えようとすること事態、僕には向いていません。(過去色々あったもんで笑)

 

沢山曲がりくねりながら、誰も歩んだことの無い道を歩んでみたいんです。

 

そしておじいちゃんになったとき、やり残したことが無いくらいやり尽くして、笑顔で終焉を迎えたい。そう思っています。