「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

新年明けましておめでとうございます!【2020年振り返り】

明けましておめでとうございます!

新年を気持ち新たに迎えると共に、支えて下さった方々に感謝の気持ちを込めて2020年の振り返りをさせて頂きたいと思います。


f:id:leftkanabun0314:20201231202730j:image

 

【1~3月】

セカンドスクール改め「大地の学校ロータス」として岡崎市竜泉寺町にお引っ越ししました。


f:id:leftkanabun0314:20201231203339j:image

子ども達、保護者の方はもちろん、沢山の地域の方々が来て下さり大掃除を手伝って下さいました。当初は「お化け屋敷みたい…」と怯えていた古民家が見違えるように綺麗になりました。休日にも関わらずご協力して下さった皆様には本当に感謝しかありません。

【4~6月】

新型コロナウイルスの感染が拡大し、公立学校も休校になりました。子ども達やスタッフと話し合った結果、ロータスも「休校」という判断に至りました。ただ他に流される訳ではなく、「別にロータスに来る前に戻るだけだからwww」と力強く言った子ども達の言葉がとても印象的でした。(実は子ども達より休校になって寂しかったのは僕の方…)

私は「放課後デイサービス ルリアン」のスタッフとして障害児保育の活動をしておりました。普段接している子ども達とは全く違う雰囲気と、毎日行うプログラムに最初は戸惑いましたが2ヶ月間の経験で沢山の学びがありました。放課後デイサービスの仕事から得た学びは、後のフリースクールの運営にも大きく影響を与えました。

 

【7~8月】

僕の大好きな夏。ロータスも復活し、子ども達とほぼ毎日川遊びしていました(*^^*)平日はロータスの皆と、休日も友達家族と川で遊んで真っ黒になっておりました。

f:id:leftkanabun0314:20201231204457j:image
全然関係ないですが、この頃から「海釣り」にハマりました(笑)

ハゼやキス、カサゴやセイゴ等川釣りと違って色んな種類の魚が釣れるので頭の中はほとんど釣り一色になっておりました。
f:id:leftkanabun0314:20201231210225j:image

さらに脱線しますが、マスク生活をいいことに髭を生やしました。自分的には「お、結構ワイルドで良い感じじゃん」と気に入っていたのですが、嫁さんや子ども達からは大不評…結果的に剃ることになりました( T∀T)←なんの振り返りやねん!

 

【9~10月】


f:id:leftkanabun0314:20201231210806j:image

涼しくなってきてファミリーキャンプにハマる今井家。「パパ、今週はどこにキャンプ行くの?」と言われるくらい行きまくりました。つい仕事仕事…と日々忙しくしてしまい子ども達と接することが少なくなりがちな僕にとって、何も考えずボーッと焚き火を見つめたり、我が子とキャンプ飯をつつくのは最高に贅沢な時間でした。

少し前まで「モンスター」だと思っていた下の子も、一生懸命保育園や友達との遊びのお話をしてくれて✨オシッコも独りで行けるようになっていました。気付いたら「人間」に昇格しておりました。父親やってて我が子の成長ほど嬉しいものはありません。仕事はもちろんですが、子ども達とのかけがえのない“今”も大切にしたいと思った時期でした。

 

【11~12月】


f:id:leftkanabun0314:20201231211803j:image

人生初の講演会を開催し、一生忘れられない経験が出来ました。自分の経験や気付きを人に話し、聞いてくれた方から「素晴らしかった!」と言って頂くことがこんなにも嬉しいのかと感動しました。(終わってしばらくはあまりの達成感に放心しておりました😅)

今まで自分が経験してきた「失敗」も全て価値があって、“必然”だったんだ。

と、心から思いました。

挑戦し続けることも、数々の失敗も、全て無駄じゃなかった。こうして目の前で感動して、懸命に聞いてくれる人達がいる。その事実が僕の背中をまた押してくれるんです。

 

2020年は沢山の人達に支えられた一年間でした。2021年は今度は僕が支える番です。

「骨太な漢(おとこ)になる!」

皆の背骨になれるような、カルシウムたっぷりの骨太な漢になるのが本年の目標です。

 

長くなりましたが、どうか引き続きご支援賜れれば幸いです。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。