「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

“社会と繋ぐ”スクール卒業後を本気で考えてみた【セカンドスクール】

日中は学校以外の選択肢として「セカンドスクール」を運営しています、今井です。

 

セカンドスクールでは義務教育期間(小学生~中学卒業まで)毎日通うスタイルでやっています。僕にはスクールを始めた頃からずっと頭を抱えていた課題があります。

 

それは「スクール卒業後、どうしていくか?」という問題です。


f:id:leftkanabun0314:20200116065251j:image

前提として自己肯定感が完全に高まった状態で卒業する予定なので、「どう生きていくかは本人が選び決定するもの(どのような生き方をしても尊重する)」という方針で子ども達には接しています。

 

今回は親としての立場として考えました。

 

どんなに大切な我が子でも、いつかは自分の足で歩いていかなければいけません。

 

「好きなことばっかりやってきた子が本当に社会で自立できるのか?」

「居心地の良い環境しか知らないこの子が、色んな大人達がいる世の中でちゃんとやっていけるのか?」等々…

 

親としては当然の悩みだと思います。

まだ半年間しか経っていないので「うちのスクールに通った子はこれだけ輝かしい生き方をしている」みたいな実績はありません。もちろんその子にとって幸せな人生は、学歴や就職先なんかでは一概に表せません。

 

イエナプランや、サドベリー、その他海外の先進的な教育をどれだけ忠実に日本に持ち込んでも、結果的に殆どの卒業生が生きていくのは日本の社会です。

 

だから日本の社会がどうなっているか?

自分の住んでる地域ではどんな人達がどんな仕事をしているのか?

目指すべき仕事をしている人達は何に喜び、どんなことに苦しんでいるのか?

それらを知っていれば、より自分の歩く道に自信が持てると思います。

 

どんどん外に出て、地域社会と繋がり、色んな生き方があることを知ることが出来る。そんな学校にしたいんです。

 

フットワークが軽く、学びを色んな角度から捉えることができる。民間フリースクールだからこその強みがあります。

 

卒業するときには、「僕はこの道でいいんだ」と自信と勇気をもって歩めるスクールにしていきたいと思います。

 

 

 

岡崎市 緑丘 民間学童クラブ ロータス
岡崎市緑丘小学校すぐ!
学校以外の選択肢として8:00~15:00までセカンドスクールも開校しています!

一般社団法人BLOOM
お問い合わせはこちらまで↓
bloom0927@outlook.com