「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

西尾市長×ONE STEPさん 【不登校・ひきこもり】

教育の選択肢を広げるのも非常に大切ですが、不登校・ひきこもりに関してもまだまだ課題は山積みです。岡崎市 緑丘 民間学童クラブ ロータス今井真央です。

 

先日、お世話になっているONE STEP さんと西尾市長の対談にお邪魔させてもらいました。

ONE STEP さんの取り組みに関してはこちら↓

NPO法人ONESTEP


f:id:leftkanabun0314:20190604074440j:image

ズバリ!今回は

出張市長!どこでもトーク

みたいなタイトルで(←うろ覚えかい!)、行政だとか民間だとか関係なく不登校・ひきこもりに関して本音トークを繰り広げよう!という趣旨でございました。

 

主題は

不登校・ひきこもりに関する包括的窓口が必要だよね

という問題提議です。

もちろん名古屋市のように各自治体が既にやっているケースもありますが、まだまだ全国的には十分といえる窓口が少ないのが現状です。

ONE STEP さんはマズローの欲求段階も考慮して、「単なる窓口だけじゃなく居場所の提供、更には当事者が自己実現できる(就労支援等の)仕組み作りをしましょう!」と熱弁していました。

 


f:id:leftkanabun0314:20190604075421j:image

マズローの欲求段階とは?

生理的欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求と段階的に満たされていく欲求のこと。

不登校・ひきこもりの当事者は社会的欲求(居場所)が満たされていないから先に進めない。

例)勇気出してハローワークとか行って就職先紹介されても結局続かずに辞めてしまう…等

 

この問題はONE STEP の卒業生の方々もひきこもりの当事者として、実際にあった事例としてお話しておりました。

「何回も面接に落とされて、やっと就職先を見つけても結局すぐ辞めてしまう」この言葉はとても印象的でした。まさに社会的欲求(居場所)が満たされていない状態です。その方はONE STEP と出逢って、やっと居場所を見つけた!とお話されていました。今では立派に働いています。

 

ひきこもりの開始時期のデータを見ると15歳以下の“義務教育世代から”というケースも非常に多い。だから15歳以上だけをフォーカスしていても駄目なんです。その他にも様々な問題提議がされていましたが、最後には市長も「様々な問題を一緒に考えて解決していきたい」と強い意思表明をされていました。

 

学童クラブロータスでは8:00~15:00の間、セカンドスクールを開校しています。4歳~中学生まで通えます。悩まないでいつでもご連絡してください!一緒に考えていきましょう

 


f:id:leftkanabun0314:20190604081120j:image

こんなイベントもあるので是非\(^^)/

 

岡崎市 緑丘 民間学童クラブ ロータス
岡崎市緑丘小学校すぐ!
学校以外の選択肢として8:00~15:00までセカンドスクールも開校します!

一般社団法人BLOOM
お問い合わせはこちらまで↓
bloom0927@outlook.com