「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

「カッターが危ない」んじゃない。“使い方を知らない”のが危ないんだ。【森のようちえん】

昨日は森のようちえんで木育・木工をしてきました。

ホームページはこちら

木工・木育体験inみつわ広場 | 森のようちえん サマーブルー

 

木工だけでなく、雨でしたが外でも遊びました。

“探検”と称して木登りをしたり
f:id:leftkanabun0314:20190304073833j:image

小さな山に登ってみたり
f:id:leftkanabun0314:20190304074129j:image

 

こんな寒いのに川に入る子ども達
f:id:leftkanabun0314:20190304074211j:image

チャレンジできる環境さえ整えれば、子ども達の好奇心と「やりたい!」と思う気持ちは止まることはありません。

 


f:id:leftkanabun0314:20190304074356j:image

カッターやトンカチも同じです。

最初はお母さん達は冷や冷やして手取り足取り教えていましたが、子どもが道具の扱い方がわかり、慎重にやれるようになれば一歩身を引いて見守るようになりました。

 

 

刃物や釘を使う以上、常に危険は伴いますし、安全管理には特に気を付けなければいけません。一番安全なのは「何もしない」ことです。

 

しかし何でも「危ない!」と遠ざけてしまっては、使い方を知らないまま大人になってしまいます。

 

それが一番危険なんです。

道具は正しい使い方をすれば、非常に便利で自分の工夫次第で自由に物を作ることができます。事実、ある程度のルールはありましたが「自由にやっていいよ」と伝えたところ、子ども達は大きな怪我無く皆で楽しむことができました。

 

 

 

ただ一方的に教えるのではなく。

自分で触って、知って、「危ない!」をわかる子どもに育てる。

 

僕はこれからも森のようちえんや学童クラブ ロータスで「教えない」教育を続けていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

学童クラブ ロータス
岡崎市緑丘小学校すぐ!
学校に行けない子のために8:00~15:00までセカンドスクールも開校します!
お問い合わせはこちらまで↓
bloom0927@outlook.com