「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

「森のがっこう」始めます!

告知です!4月から僕の新しい取り組みが始まります\(^^)/


f:id:leftkanabun0314:20190215075346j:image

※詳細はこちら↓

暮らしの学校 - 講座詳細

実は以前ブログで書いてたやつです。

来年度から面白いこと始まります - 「日本の教育を変える」今井真央のブログ

 

もうね、僕の「こういうのやりたい!!」の塊みたいな企画です。一回3000円となかなかなお値段するし、親子一緒じゃないといけません。でもこれにはちゃんとワケがあります。

 

共働きなご時世なので、平日は忙しくて自分の子どもとあまり接する時間がない親が増えてきていると思います。そして「森のようちえんもいいけど、遠いんだよなぁ💧」という方もいると思います。(広告もface book でしかしてないので知らない人も多い)

 

でもたぶん知らないだけで「こんなのあったら行きたい!!」って親は多いと思います。

 

 

なんと暮らしの学校さんは2万以上のチラシを学校や各家庭に配ります。岡崎では知名度抜群なんです。だからこそまずは僕らの取り組みを知ってもらいたい!「こんな人達が岡崎にはいるんだ」ということを覚えといてもらいたい!

 

最後に選択するのはお父さん、お母さんです。

 

合う人には合うと思うし、

合わない人には合わない。

 

子育てや教育なんてそれでいいと思います。

僕らのスタンスは基本“教えない”

一緒にやり、共に考え、共に学ぶ、です。

 

子どもを「自分で考え、自分で行動できる」ようにするためには、まずは親がそうしなきゃ駄目だと思います。

だから親子同伴なんです。

「お母さんね、あなたには自分で考えて動ける子になって欲しいのよ。だからハイ、これに行っといで」と他人に預けてちゃ絶対その子は変わらない。パートナーや子どもに本当に変わって欲しいのなら、まず自分が変わらないと。知ってますよ、預かりの方がニーズがあることくらい。でもそれじゃ駄目なんです。

 

 

さぁお父さん、お母さん

一緒に汗だくになりながら、子どもに戻って秘密基地作りませんか?✨

スマートでいつも綺麗にしてて、公園の隅でスマホいじってる親よりも、きっと子ども達の記憶に残るのは一緒に汗かいて遊んでくれた親の顔ですよ(^_^)

 

25日から受付スタートです!

お待ちしてまーす\(^^)/