「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

これが僕の考える「岡崎市プレーパーク計画」だ!

今回は完全に妄想の世界です。

「また始まったよ…」という冷めた視点で読んで下さると助かります笑


f:id:leftkanabun0314:20181003174712j:image

【市役所の課題】

251ある公園の維持管理費が半端ない!

→愛護会では予算削減までには至らないので「愛護運営会」を増やして、委託コストを削減したい。

・運営会増えなくてコスト削減できないなら公園潰して売りたい。

 

【地元の方の意見】

公園無くされたら困る!!

→でも掃除とか愛護運営会とかは面倒💦だれかやってくれる分にはいいけど…

 

【BLOOM の課題】

プレーパークにしても、森の学童にしても自由に使える場所がない!!

→確かに運営会は大変だけど、仕組みを考えれば事業でも使えるし、プレーパークでも使える!

 

特に学童に関しては活動場所に困っていました。「プレーパークで遊ぶ遊具を皆で作ろう!」なんて学童も面白そう✨

運営会の清掃や公園の点検なら子ども達と一緒にやれば一石二鳥です。

岡崎市の作成した資料にも愛護運営会の活用法にしっかりと「プレーパーク」という文字が記載されていました。だから秘密基地だって堂々と作れるし(それって秘密か?笑)、工具等を収納するプレハブだって作れます。

 

 

 

運営会は市役所にとってもコスト削減に繋がるし、地元の方も公園が潰されずに清潔に保たれていれば文句はありません。幅広い年齢層の人が公園を利用し、活性化に繋がるならやらない理由はありません。僕らが成功事例を作れば「うちの学区でもやりたい!」という地域の方が現れるかもしれません。

 

あとはシステム化するだけです。

 

実際にやってみないとわからない部分は多いし、運営会もまだ歴史が浅いため不確定要素が沢山あります。

 

 

でもこれも一つの活路です。

 

運営会設立に向けて、動き出すのみ!

思いたったら直ぐ行動

 

 

 

BLOOM が止まることはありません。