「日本の教育を変える」今井真央のブログ

「日本の教育を変える」今井真央のブログ

大地の学校ロータス 森のようちえんサマーブルー 森のようちえん おかざきプレーパークなどの活動日記。30歳2児のパパ。大手製薬企業を脱サラし、日本を変えるために日々突っ走っているヤバい父親のお話

保育園作る物語③

さて、前回有限会社「のぞみ」代表取締役の水野さんからご紹介して頂いた、とんでもない社長さん。

 

それが「小原木材」代表の小原社長です。

愛知県岡崎市 小原木材株式会社(不燃・準不燃木材 太陽光発電システム 住宅建築 木材 製材加工 建材 梱包資材 建装)

兄弟会社の小原建設さんといえばあの岡崎信用金庫の建物を造った岡崎では超有名なゼネコンです。


f:id:leftkanabun0314:20180828183029j:image

 

ご兄弟で小原建設、小原木材。2つの会社を運営されていることで知られています。

 

なぜ森のようちえんと繋げて下さったのか。

それは小原社長が別に設立されているNPO 団体と関係してきます。

 

理念と目的 | 天使の森プロジェクト

岡崎は森林率が6割で全国的に見ても、僕は自然に溢れた地域だと思っていました。

しかし小原社長は自然度数はほぼ0だと仰っていました。


f:id:leftkanabun0314:20180828184349j:image

 

実は今、岡崎市の森は高く売れる杉などの人工樹林が殆どだそうです。だから遠目で見たときにどの森も同じ色をしています。

本当の原生林であれば、様々な種類の木が生えています。だから遠くから見たときに野菜ふりかけのようなカラフルな森に見えるはずなんです。

 

僕はその事実を聞いて衝撃を受けました。

 

小原社長は奥山(自然本来の森)を取り戻すために、様々な種類の苗木を植えることを始めたそうです。それがこの「天使の森プロジェクト」です。

小原社長は環境整備だけでなく、近隣の小学生を巻き込み環境教育にも力を入れています。だから今回僕のサマーブルーとコラボ出来ないか、もっと言えば企業主導型保育園を一緒に出来ないか相談しに行ったんです!

 

 

 

 

 

結論から言えば、小原木材さんの従業員さんは既に小学生以上の親が多く、残念ながらニーズは無かったんですが、これまた凄まじいご縁を頂きました。

小原社長は岡崎商工会議所、まちづくり部門のトップです。2ヶ月に一度「わくわくサロン」という交流会を開催しています。

 

「そこでスピーチしてみない?」

 

なんと、小原社長から直々にご依頼を受けてしまったんです!✨

僕は、有難過ぎて口閉じれませんでした…

 

 

早くて9月!

僕は商工会議所の交流会で熱弁してきます!!!乞うご期待👍✨